Episode Life(えぴそーどらいふ)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラーメンデート中に大量の鼻血を出して振られた話

f:id:doutorer:20170417215859j:plain

 

 

僕は鼻血があまりにも出やすすぎる体質に悩まされていました。

 
 
小さい頃は1時間以上止まらないことは日常茶飯事で、シャワーが少し鼻に当たっただけで鼻血がでて風呂を血の海にしてしまうこともよくありました。
 
 
中学生の時には友人に連れられてブックセンターいとうのAVコーナーに入った時、興奮して大量の鼻血を出してしまい、
ティッシュを持っていなかったので、恥を偲んで店員のお兄さんにティッシュをもらって鼻血が止まった後、罪悪感から幽遊白書13巻を購入したという思い出があります。
 
 
 
また、僕は小学校低学年の時は泣くと同時に鼻血が出るという不思議な体質を持った少年でした。
 
 
僕が学童に通っていた時に友達とケンカをして女の先生から「そういうことしちゃダメでしょ」と怒られると、
僕は号泣してそれと同時に大量の鼻血を出してしまい「えっ!?嘘!?なんで!?」と先生をパニックにさせたことがあります。
 
 
僕が逆の立場だったら確かに焦ります。周囲の人間から見たら先生が小学校低学年の男の子の鼻を殴って泣かせているとと捉えられてもおかしくないので。
 
 
 
 
 
一番困ったのはラーメンデートに行った時のことです。
 
 
 
 
 
20代前半のある夏のこと
 
「半端ないおすすめのラーメン屋があるんだよね」
 
と僕は女の子をデートに誘い出しました。新宿にあるラーメン屋さんで店の中まで行列ができているところです。
 
 
僕「ここのラーメンは格が違うんだよ」
 
女の子「そうなんだー!楽しみー!」
 
 
などの会話をしながら順番を待ち、僕の番が来て、席に着いて、ラーメンがきて、麺をすすりはじめた早々に、なぜかおびただしい量の鼻血が出てきました。
 
ティッシュで鼻を押さえながら食べようと悪戦苦闘したのですが、並んでる人の視線も気になるし、血が逆流してもはやラーメンが血の味しかしなかったので、結構残ってはいましたが
 
 
僕「ちょっと先に出てるよ。食べてていいよ」
 
女の子「私も出るから・・・」
 
 
と気まずい感じで2人で店を出ました。
 
 
女の子が「まぁ、気にすることないよ!」と気遣ってくれたのですが、ラーメン屋で鼻血を出してしまった恥ずかしさとティッシュを鼻に詰め込んで新宿の街を歩いてる惨めな姿をカバーしたいという思いから
 
 
「まぁ、逆にうまかったけどね」
 
 
と強がり方を間違えた謎の発言をしてしまい女の子の好感度を地の底に落としてしまいました。
 
 
ほとんど血の味しかしていなかったのに、うまいという感想は味覚がほぼドラキュラと同じという主張をしているのと変わりません。
 
 
最後にドラッグストアでマスク買うのだけ付き合ってもらいました。
 
 
 
 
 
以上。

謎のバイトを週7でやってた話

f:id:doutorer:20170410183635j:plain

 
 
 
「閉店後の店にいるだけで時給1000円もらえるバイト」
 
 
 
高校2年生のはじめから卒業までの約2年間、僕はこのバイトをしていました。
 
 
 
このバイトを紹介してくれたのは母親でした。
 
 
 
母親「1時間いるだけで1000円もらえるのよ!ただいるだけでいいの!」
 
僕「本当に大丈夫?それ」
 
母親「怪しいやつじゃないわよ。いればお金がもらえるの。ちなみに週7っていうのが条件ね…」
 
 
 
と言われた時には内容が内容なだけに、相手が完全な肉親であるにも関わらず
 
 
(この人は僕をハメようとしてるんじゃないか・・・?)
 
 
という疑惑の眼差しを向けてしまいました。
 
 
しかし、当時の僕は「あ~あ、タダでもらった宝くじが当たったりしないかな~」などの都合のいい願望を抱くばかりの労働意欲皆無な高校生だったので
「楽なバイト」ほど魅力的なものはなく、とりあえずやることに決めました。
 
 
 
 
実際にやってみた
 
 
 
 
バイト先は、デパートの中に入ってる時計屋さん(高級店とかじゃなく、いわゆる街の時計屋さん)
 
 
出勤時間は20時~21時の間。
 
その間は何をしててもよく、僕はポータブルテレビを見たり、勉強したり、時にはご飯を食べで過ごしていました。
 
時間が来たら電気を消して帰る。それだけでした。
 
月3万円。時給にすると1000円。
 
 
 
 
なぜ、これがバイトとして成立しているのか?
 
 
 
デパートが閉店するは21時なのですが、この店が閉店するのは20時です。
 
店長が20時で帰りたいのですが、デパートの閉店が21時なので店に誰かいないと泥棒に入られてしまう可能性がある、ということでバイトを雇ったようです。
 
 
 
基本的にはめちゃくちゃ楽なのですが、週7で入らないといけないというのがかなりの必須条件で、他のバイトメンバーもいないのでシフトを代わってくれる相手がいません。
 
 
 
 
ではどうしても休まないといけない時はどうするか?
 
 
 
 
その時は僕の代わりに母親がバイトに出勤します。
 
なぜか家族にシフトを代わってもらうのはオーケーというルールでした。
 
 
 
 
 
休みたい時は事前に
 
僕「お母さん!今日は僕の代わりにバイト行ってくれない?」
 
母親「いいよー」
 
という家族経営の職場じゃないと考えられないよう会話を交わしながらバイトを代わってもらいました。
 
 
 
 
僕がこのバイトをやめた後に引き継いだ人は、月曜は息子、火曜は姉、水曜は母
 
というように家族でシフトを組んで回すという強者だったそうです。
 
 
 
 
このバイトで起きたちょっとした事件
 
 
 
地元でバイトをしていたため中学時代のクラスの女子に、僕がバイトしてるところをたまたま発見されました。
 
それ以来、職場に何人かで遊びに来てくれるという露骨なリア充展開が待っていたのですが、
 
本当は来てくれて嬉しいのに
 
「突然来られたりしたら困るよ。前もって言ってくれない?」
 
と当時僕は教室で1人きりで弁当を食べることもあるような冴えない高校生だったにも関わらず、分相応にもツンデレを爆発させて、二度と女の子たちが遊びに来てくれなくなってしまい、
バイト先で唇を強く噛み締める頻度が増えるという出来事が起きました。
 
 
 
バイトってやっぱり大変ですね。
 
 
 
 
以上。

本を読み込んでナンパに挑戦し初めての彼女を作った話

どうも

 

 
寂しい夜は、抱き枕を強く抱きしめて寝てしまいがちの28歳男性の福永です。
 
 
 
こんな僕は20歳を過ぎた頃彼女ができず、モテるために編み出した作戦もなかなか上手く行きませんでした。
 
 
一度、おしゃれをしたらモテるんじゃないかと思って、原宿で羽根つきのハットと伊達メガネを購入したことがあります。
 
「これで彼女ができる!」
 
と意気込んで合コンに参加したのですが、
合コンも後半に差し掛かった頃には女子たちがこっそり僕のことを
 
「羽根つきのハット」
 
というあだ名で呼んでいることが発覚し、ゆっくりと帽子を脱いでメガネを外すという不測の事態に陥ったことがありました。
 
 
 
 
 
そんなにっちもさっちもいかない状況の時に、書店で出会ったのがこの本でした。
 
 
 

f:id:doutorer:20170403230749j:plain

 
 
 
 
この『モテる男に変わる本』の著者は、SONYに勤めていたものの経験人数を追い求めることに人生を賭けたいと一念発起し、会社を辞めてナンパ師になったという異色の経歴の持ち主。
 
イケメンではない地味系筆者が400人以上の女性を口説いたテクニックが惜しみなく書かれています。
 
 
「会社を辞めた当時、モテない循環を断ち切るために山ごもり状態になる必要があると考え出家を志望していた」
 
「モテない男とばかり接していると自分もモテないリアクションを取る人間になってしまうと考えてほんのひと握りのモテる友達だけを残してすべての人間関係をカットした」
 
などの筆者のファンキーなナンパ観も披露されています。
 
 
「女の子だって、君のナンパを待ってる」という著者の言葉に後押しされて僕もやってみよう!と一念発起し、この本を熟読しストリートへと繰り出しました。
 
 
 
 
いざ実践へ
 
 
 
本書には「ストリートナンパの基本はどんな女の子にも嫌な印象を与えないスーツが基本になる」と書かれていたため、僕もスーツを着用。
 
 
当時僕は大学4年生で実家暮らし。
母親には就活するつもりはないと言っていました。
 
そんな息子が急にスーツを着用しだして、外に出る気配だったので
「就活するの!?」
と無駄な期待を抱かしてしてしまうというハプニングがありましたが、
 
母親にはさすがに「ナンパに繰り出してくる」とは言いづらいので
「公式な場に行く予定がある」と謎のイベントを捏造して、僕は街に繰り出しました。
 
 
 
細かいテクニックはあるものの基本的なナンパの流れは以下の通り。(なお一部、自分がやりやすいように多少本書の内容と異なる部分があります)
 
 
①斜め後ろから声をかける
 
②ハキハキと丁寧な言葉で「大変申し訳ございませんが○○の場所はどちらですか?」と道を尋ねて案内してもらう
 
③別れ際に「そんなつもりじゃなかったんですけど、すごく感じのいい方だったので…。もしよければ、今度みんなで飲み会やりませんか?男だけで飲んでてマンネリ化してしまってて・・・」と言って連絡先を聞く
 
 
 
 
今思えばどこか女性の良心につけこんでいるようで、なんだか気が引けるような気もしますが、これもよき出会いのためと思い許していただけると幸いです。
 
 
また、筆者の理論によると「汚い靴の女の子はナンパしやすい」とのことでした。
 
 
半信半疑であるものの、とりあえず実践。
 
 
 
 
 
僕「大変申し訳ございません…映画館の場所を教えてもらっていいですか?」
 
 
 
女性「えっ?いいですよー」
 
 
 
僕「ありがとうございます。ついでに案内していただいてもいいですかね?」
 
 
 
女性「こっちです」
 
 
 
(大学生活の話しなどでも盛り上がりながら、到着する)
 
 
 
 
僕「すいません。そんなつもりはなかったんですけど、いつも男ばかりで飲んでるのでもしよければ連絡先教えていただいてもよろしいですか?」
 
 
女性「ん~、わかりました。まぁいいですよ~」
 
 
 
 
 
 
露骨に成功。
 
 
 
 
当日メールの返信は帰って来なかったものの。連絡先をGETできると判明。
 
「僕にもできるんだ・・・」
 
不可能だと思っていたことが達成されたことで大きな自信と喜びを得た僕は、
街に出没しては汚い靴を履いてる子を見つけ出し、背後から近づき道を尋ねるというルーティーンを嬉々として繰り返していました。
 
 
 
そんなことをしていたら、いつの間にか僕は汚い靴を見るだけでワクワクするという不思議な体質になってしまい、
 一時期は玄関に並ぶ当時58歳の母親の靴を観てもワクワクしてました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:doutorer:20170403195302j:plain

 
 
 
 
 
 
 
 
また僕は靴ばかり見ているので、もはや顔はほとんど見てません。
 
一回、声をかけた女性の顔をパッと見たら顔半分がピアスだらけだった時はキンキンに肝を冷やしました。
 
顔の半分がパチンコ台みたいになっていたので、最初はびびってましたが話してみるとすごくいい人でした。
 
 
 
 
 
 
 

f:id:doutorer:20170403195318j:plain

 
 
 
 
 
 
 
そんなハプニングを乗り越えながら、結果的に本当に彼女ができました!
 
 
 
男性の方にはぜひともオススメしたいといいたいところですが、以前と違ってスマホが普及してる昨今、道を尋ねると「GoogleMap見ればいいじゃん」と言われる可能性も高いのかもしれません。